埼玉の南北を縦断するために整備された鉄道網

埼玉の南北を縦断するために整備された鉄道網

埼玉県の南北を縦断する鉄道網には、東北本線と高崎線があり、明治時代から地域の物流や観光業に大きく貢献してきました。高崎線は1883年に熊谷から上野の間で開業し、翌年には前橋まで開通して、明治天皇も乗車した記録が残っています。東北本線も明治時代に作られた路線ですが、現在では列車線と電車線に分かれています。愛称の宇都宮線も定着し、埼玉県内では純粋な通勤路線として欠かせない存在になっています。

 

新幹線が開業する以前は、埼玉県内の高崎線には北陸方面へと向かう夜行列車が数多く運行されていました。早朝の時間帯に散歩をする場合には、急行や寝台特急を眺めることができたのです。現在では新幹線が整備された影響で、埼玉の鉄道網は大きく変化しました。

 

高崎線のターミナルになる大宮駅は、埼玉を代表する鉄道の街です。東北新幹線と上越新幹線は、大宮付近で分岐していますから、現在でも国内有数の鉄道の要衝として絶え間ない繁栄を続けています。


風俗埼玉デリヘル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/